なぜ住み込みでなければならない求人があるのか

住み込みの求人というのを見かけると思いますが、住み込みとは会社が寮など社宅用を用意してくれていることです。
社宅にも色々なタイプがあり単身用のワンルームマンションタイプであったり、家族で住める広さを用意してくれる会社もあります。



住み込み求人の良さは今、住んでいる場所から遠方の仕事で住む当てが無いときに助かります。


職場から比較的近い場所にある事が多く、通いやすいです。
費用は会社が負担してくれる事が多く、安く住めるのも魅力です。

こういった求人は県外を問わずの大量募集であったり、旅館などの宿泊施設の募集が殆どです。
勤務時間が朝早く、夜遅いといった仕事である旅館の仲居さんなどには住み込みが不可欠です。

なぜかと言うと通うのに公共交通機関が動いていない時間であったり、拘束される時間が長いので近くに住居が無いと通うのが難しいからです。
仕事と寮の行き来が殆どで周りからの誘惑が絶たれる為、お金が貯まるという人が多い様です。


お金を貯めたい人には良いかもしれませんが、友達や家族などとのプライベートな時間を大切にしたい人には不向きかと思われます。
こういった仕事は土日、祝日が忙しい傾向にもあるので周囲と予定を合わせるのも難しいでしょう。

livedoorニュースのことならこちらのサイトをご覧ください。

昔は風呂、トイレが共同であったり、1部屋に何人かで住むといった形が多かったのですが、最近はワンルームマンションタイプの寮もある様です。
求人票にも書いてあるとは思いますが、事前によく確認しておくと良いでしょう。